東大の赤門は前田家の門だった!金沢ゆかりの観光スポットを東京で発見♪

この前ね、くろぎでかき氷食べた時に、東大周辺をお散歩したんです。

(→「くろぎ」のかき氷についての記事はこちら)

そこで見つけた金沢にゆかりのもの、それは「東大の赤門」♪

 

 

この通称「赤門」の名前は「旧加賀屋敷御守殿門」といいます。

そう、この門は元加賀藩上屋敷の御住居表御門だったんです☆

 

 

文政10(1827)、徳川第11代将軍家斉の第21女溶姫が加賀藩第13代藩主前田斉泰に輿入れしたそうで、

赤門はこの時溶姫を迎えるため建てられたものなんだとか。

東大の敷地ってもともと加賀藩のものだったんですね(*’ω’*)

 

 

その証拠に瓦に入っているのは紛れもなくあの前田家の紋!!!

堂々たる「加賀梅鉢」です( *´艸`)

こんなところで金沢ゆかりのものに出会えるなんて♡

 

 

ちなみにこの赤門、東大の正門ではありません。

正門はこんな感じ。

 

 

こちらも趣があって、ステキですよね。

 

 

石川県の皆様、東大や本郷三丁目周辺には、美味しいお店も多いですし、

ぜひ東京へお越しの際はこの周辺をお散歩を( *´艸`)

オススメです♡