金沢の大雪に四苦八苦💦これは38・56豪雪ならぬサンゼロ豪雪か⁉

今年2018年のこの2月、北陸地方は大雪に見舞われました(-_-;)

毎日毎日、何度も何度も雪かきをすることになり、もううんざり。

だんだんあきらめモードになって、毎朝泣きそうになる日々でした。

 

 

毎朝、車はかまくらみたいになって、タイヤなんて見えなくなってます。

 

 

これ全部除雪しないといけないんですー。

でもね、そんななかでもよいこともあるものです。

ご近所の皆さんとお話しする機会が増え、車が動かなくなればみんなで協力して押してみたり、

除雪を手伝ってくださったりして、その優しさが雪かきで疲れた体に染みます✨

弱った心にじんわりして、ちょっと涙がでそうになったり・・・。

 

 

「38(サンパチ)豪雪」とか「56(ゴーロク)豪雪」とか、伝説の豪雪の話を聞いたことがあります。

「昭和38年1月豪雪」は、本州の日本海側だけでなく雪の少ない九州地方でも記録的な大雪となったそうで、

気象庁が命名したそうですよ。出入口が二階になったなんて、ビックリ話も(;^ω^)

「昭和56年豪雪」は、1980年(昭和55年)12月から1981年(昭和56年)3月にかけて、東北地方から北近畿までを襲った記録的豪雪で、

38(サンパチ)豪雪に匹敵するものだたらしいです。

そして、私たちが雪国で過ごす初めての冬に、それに匹敵する豪雪が当たってしまうなんて!!!

こ、これはもしかして、「30(サンゼロ)豪雪」なんて呼ばれちゃうのかしら( *´艸`)

 

・・・とまぁ、ご心配をおかけいたしましたが、本日とうとう青空を見ることができたんです。

 

 

こんなにも晴れた日がうれしくてありがたいなんて、私生きてきて結構長いですけど、

初めて知りました✨

新たな発見の話でした(*´з`)