古典柄だけじゃない!色鮮やかな九谷焼💛自分好みの器探しを楽しもう

もう4、5年前になるでしょうか。

金沢に旅行に来たことがあります。

まさか住むことになるとは、その時は思いもしませんでしたが(*’ω’*)

 

その時に購入した九谷焼の器は、今でもとってもお気に入り💛

 

 

「山下紫布」(やましたしのぶ)さんの作品の大皿です。

 

大き目のお皿なので様々な場面で活躍しています。

和の雰囲気も兼ね備えつつ、エキゾチックな感じがとても気に入っています。

 

「九谷焼」は古典柄も素敵ですが、こういった若手の作家の方々の作品もとても魅力的です。

私は、確か、ひがし茶屋街のお店でこちらの器と出会いひとめぼれ💛

一旦お店を出たのですが、やっぱりあきらめ切れず戻ったのを覚えています。

 

 

こちらの小皿も「山下紫布」さんの作品♪

色合いがお気に入り💛

 

 

それから、こちらに越して来てから購入した古典柄の豆皿があります。

 

 

これは、700円くらいでお手頃価格なんです♪たくさんの柄があって楽しいので、

一枚一枚集めてみようかなと思っているところ。

 

私は九谷焼の黄色と緑の組み合わせがとても好きです。

こちらは、まだ一枚しか持っていないし、せっかくなので玄関に飾っています♪

小っちゃくてかわいいんです( *´艸`)

 

 

かつて「加賀百万石」と呼ばれ栄えた金沢の伝統工芸、

「九谷焼」は柄も色も様々だから、自分好みを探すのも楽しいですよ。

あなたもお気に入りの一枚、見つけてみては?